スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

ランナーの方に多い梨状筋症候群

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

走っていて坐骨神経痛が引き起こされる

 ランナーの方で多い疾患は、ランナー膝やシンスプリントなどの膝より下に多いです。しかし、リスクはそれだけではありません。実は、坐骨神経痛を引き起こすリスクがあります。そして、実際に坐骨神経痛で悩まれている方も少なくありません。

坐骨神経痛とは?

 腰から出た坐骨神経は、お尻部分から太もも裏、ふくらはぎを通って踵に向かって走行していきます。そこのどこかで坐骨神経が圧迫等されて症状が出ることを坐骨神経痛と言います。さらに、どこで圧迫されているかによって疾患名が変わってきます。ランナーさんの場合に多いのは、「梨状筋症候群」でお尻部分にある梨状筋部分で坐骨神経が圧迫され症状が引き起こされることがあります。

何故、梨状筋症候群がランナーに起こるのか?

ランナーに発症する梨状筋症候群

 これには、走る時のフォームや場所が影響しています。フォームでいえば、走っている時に腰を反らせるような体勢になっている方がおられます。しかし、腰が反ってしまう事によってお尻の筋肉に無理な負荷がかかってしまうようになります。その結果、梨状筋に負担がかかり坐骨神経痛が引き起こされてしまいます。場所の問題の場合には、坂道が危険です。特に下りの時には身体が前に倒れていかないようブレーキをかけながら走ることになります。その時ブレーキの役割を太もも裏やお尻などの部分でおこないます。さらに、前に倒れないようにするために腰も反りやすくなり、梨状筋に負荷がかかってしまいます。

 それ以外にも梨状筋は座っている時間が長い方の場合に血流障害が引き起こされ、筋肉の状況が悪くなってしまいます。ですので、普段の仕事がデスクワークの方の場合には余計に注意が必要と言えます。

 

 坐骨神経痛が引き起こされてしまうと、走ることをはじめ日常生活にも影響が出てしまう事があります。早期に受診し、治療を受ける事をオススメします。

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害からの改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図