スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

痛くなくなったらケアはしなくていい?

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

痛くなくなったらケアはしなくていい?

 ランナー膝や野球肩、テニス肘などスポーツをしていると様々な場所に問題を抱える方がおられます。痛みが出ている時には早期に改善させるためにもケアを継続して行っていただけるのですが、痛みが無くなった際に「いつどのタイミングでケアは止めても良いですか?」と聞かれることがあります。

痛くなくなったらケアはしなくていい?

痛くなくなったらケアはしなくていい?


 痛みがなくなった=ケアは必要ないと考えられることがあるのですが、基本的にはケアは続けていただくことがベストと考えております。一度痛みが出た場所となると、その部分の組織は弱っている可能性が考えられます。その為、またスポーツを繰り返していくうちに炎症が起こりやすくなっていることも少なくありません。一度痛めた時に癖の改善も出来ていればいいのですが、また以前のフォームや使い方に戻っている場合には、また同じ場所を痛めてしまうこともあります。ですので、痛みが無くなったからといってケアを全て無くさずに、継続していただくことをオススメしたします。

 例えば、スポーツ前後のストレッチや終了後のアイシングは予防の為にも重要なケアと言えます。楽しくスポーツを続ける為にも是非気を付けてみてください。