スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

温めた方がいい?冷やした方がいい?

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

温めた方が良い?冷やした方が良い?

 セルフケアの簡単な方法として、温めもしくは冷やすがあります。しかし、いざ痛みが出てくるとどちらを選択したら良いのか悩まれることが多いです。

温めた方がいい?冷やした方がいい?

・温めた方がいい時

温めた方が良い時 慢性的なコリ感や冷えて症状が悪化する感じがするときには、温めが効果的と考えます。温めることによって血液循環を促進させます。血流障害が起こった場合には温めて血液循環を促進させることによって症状の改善が一時的にみられることがあります。お風呂にゆっくりと浸かるも良いですし、ホットタオル等を用意して患部に当てておくことも良いでしょう。しかし、これらの対処で血液循環が促進されるのは表面的な部分のみです。暑い時期には表面的には血液循環も促進されていることが多く、また温めることで汗をかいてしまうとかえって冷えを引き起こしてしまうことがあります。ですので、夏場の温めはご注意ください。

・冷やした方がいい時

 急性的な強い痛みや脈打つようにうずく痛み、運動後の痛み、あきらかに腫れや熱感を伴うような場合には冷やしてください。先ほど挙げた例では炎症が起こっている可能性が非常に高いです。その為、炎症によって起こる余計な熱感を取り除くことが必要となり、その方法として冷やすことが一番の対処となります。氷や保冷剤を用意し患部に当てるようにしてください。しかし、当てすぎると凍傷を起こす恐れもありますので、一回の冷やす時間は15分程度にして回数をこまめにするようにしてください。痛みが取れたら基本的には必要ないのですが、運動をされている方は一度痛みが出た場所は炎症を起こさないようにケアするためにもアイシングを続けていただいた方が無難です。

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害からの改善をサポートします。
https://blog.hatena.ne.jp/my/ 西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図