スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

半月板損傷は初期治療が重要

ランナー膝

半月板損傷は初期治療が重要

ランナー膝治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。

半月板損傷

ランナー膝の要因ともなる半月板損傷。半月板損傷が起こった時には初期治療がかなり重要です。その理由は初期治療を適切に行わなければ後遺症を残す可能性が高いためです。

普通の医療機関では半月板損傷が認められた場合には固定を行います。ですが、高齢者に薬を出すだけの医療機関も増え、そのルーティンから軽度の半月板損傷の場合には痛み止めを処方して終わりというような最低とも言える医療機関があるのも事実です。

必ず適切な治療を受け、いくつになっても健脚で楽しい生活が送れるようにしましょう。

高齢者重視の医療機関にはくれぐれもご注意ください! 半月板損傷の初期から中期に移行した時には、筋力低下を起こした筋肉を強化する事が重要になります。専門家にアドバイスを受けながら筋力強化を図りましょう。

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

半月板損傷を起こしたら運動はどうする?

半月板損傷を起こしても強い炎症期である2~3か月を過ぎれば運動は可能です。ただし初期は安静をを保った後という事もあり筋力が低下しています。その為、膝関節を筋肉がしっかり支えられるようになるまで筋力アップを行う必要があります。この時には膝の内側の筋力を重点的に付ける事をお勧めします。

また運動を開始した直後は膝関節がグラグラ(関節動揺性)な可能性があります。受章後3か月から1年ぐらいは膝関節の異常な動きを制御するが筋力アップの妨げにはならないサポーターを装着することも考慮する必要があります。

病院で処方されるサポーターは関節の異常な動きを制御するだけではなく、動き全域で運動制限をかけるため筋力アップの妨げになります。その為、日常を正常に戻したい方やスポーツに復帰したい方には向きません。

当院がお勧めするサポーター ⇒ こちら

a.r10.to

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に半月板損傷の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図