スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

テニス肘とテニス環境

テニス肘TOP

テニス肘とテニス環境

テニス肘

テニス肘になる原因として、様々な問題があります。まずはラケットの重さです。フォームの悪さ、身体の使い方によってテニス肘を招くこともありますが、ストリングのテンション、グリップの厚さ、コートの状況も考えてテニスをしていかなければなりません。


【ガットのテンション】

柔らかいガット(ナイロン系)と硬いガット(ポリエステル系)ではボールの打球感やスピンの掛け具合も違ってきます。ガットの種類は大きく分けて4種類あります。

・ナチュラル(高価、テンション維持率が高い、高い反発、雨に弱い)
・ナイロン(ナチュラルに近い打感、耐久性)
・ポリエステル(高い耐久性、固い打感、)
・ハイブリッド(上記のガットで縦張り、横張りを組み合わしたもの)

 この中で最も肘に負担が掛かるのがポリエルテルのガットになります。ポリエステルは高い耐久性に固い打感が特徴です。パワーを活かした男性が多く使用します。しかし、ガットの性質上、肘にかかる負担は大きくテニス肘になりやすいガットと言われています。肘に痛みがある場合、まずはガットの変更、テンションを下げる、振動止めを装着することをお勧めします。

【コートの状況】

 テニス肘になる原因はコートの環境下によっても引き起こされます。その環境とは前日に雨が降り、人工芝のコートにまだ水が含まれている状態でテニスをした時、ボールはバウンドするごとに水を吸収してゆきます。水を含み重さの増したボールをでテニスをしたことで肘に負担がかかり痛みを引き起こすことがあります。

【グリップ】

 グリップのサイズのアンマッチや、古いグリップの使用もテニスエルボーと密接に関係しています。グリップが細すぎたり、古くて滑ったりしていると、ボールをインパクトした瞬間にラケットがブレてしまい、前腕の筋肉に無駄な負担がかかってしまいます。それが肘の腱を痛める原因にもなるのです。「そんなの大したことないじゃないか・・・」とお考えの方は要注意です。テニスは1回の練習で何百球とボールを打つのです。それを週単位や月単位、年単位で考えると・・・ダメージは肘に蓄積されていくのです。

【スイートスポット】

スィートスポット

 テニスのラケットにはスイートスポットがあります。
スイートスポットとはなんなのか。テニスを始める時、真ん中で打つことができず、手や腕にジーンと衝撃が来るといった経験はないでしょうか?だんだんボールを真ん中でとらえることができると衝撃を感じることが少なくなります。
スイートスポットとは次のような点です。
・腕が受ける衝撃が最小
・ラケットの振動が最小
・ボールを飛ばす力が最大


「衝撃がない」とはどういうことか? インパクトの瞬間、ラケットは全体として前から後ろ方向への圧力に押されます。と同時に、バランスポイントを回転軸とする慣性モーメントが働いて、ヘッドは後退し、グリップは前に突き出ます。このとき、ラケット全体が押されて後退する大きさと、グリップが前に突き出る大きさが相殺しあってゼロになれば、手に感じる衝撃はなくなります。肘への負担もなくなります。

そのような打点をCOP(Center of Percussion)といいます。COPでボールをヒットすれば衝撃がなく心地良いので、「衝撃最小のスイートスポット」というわけです。


【肩のインナーマッスルの弱さ】

肩回りの筋トレ

テニス肘は肩のインナーマッスルの弱さが原因で起こることもあります。
インナーマッスルとは関節を動かす筋肉ではなく、関節を安定させる筋肉です。
肩のインナーマッスルを鍛え、肩関節の安定性を高めることにより、肘への負担も減らすことができます。またインナーマッスルを鍛えることにより、サーブ、ボレー、ストローク、動作全般的に安定感が増していきます。

【プレー上の注意】

痛みがある場合はバックハンドは両手打ちに変えて肘への負担を軽減する。
サーブは肘を曲げて担いだ状態から、トスを上げてサーブを打つこと(サービスのスピードは、初級者から中級者にかけては、この様な打ち方変えたとしてもさほどスピードは落ちないという報告があるので安心して練習してください)

oosakatoyomedicine.hatenadiary.com

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心にテニス肘の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30

/

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でテニス肘の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図