スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

ふくらはぎの内側が痛い!

ふくらはぎの内側が痛い

ふくらはぎの内側が痛い

 ふくらはぎの内側の痛み 走っているとふくらはぎの内側に痛みが現れることがあります。多くの場合で痛みの前に筋肉のツッパリ感を感じます。そして徐々に症状が悪化して痛みに変わる事がほとんどです。この時に痛みが内くるぶしの上からふくらはぎ中央付近までであればシンスプリントやアキレス腱炎の可能性があり、それよりも上の場合には後脛骨筋の疲労、上に発生する場合には鵞足炎の可能性もあります。

シンスプリントの場合には痛みが現れる前に、砂や土のロードに比べて滑りやすい路面、雨上がりの柔らかい路面で走った後に発症することがあります。これらが原因に貼るのは地面をけるためのふくらはぎの強い動きが必要なためです。

鵞足炎

鵞足炎の場合には、スピードを上げて長距離走った後に発症することが多く、ランニングフォームとして歩幅が通常よりも広かった場合やダウンヒルでスピードを落としながら走った後に発症することがあります。これは歩幅が広いときにはハムストリングスが引っ張られる事、ダウンヒルではスピードを落とすためにハムストリングスがブレーキをかける事が原因です。

その他、靴を変えた直後には称することもあります。これは靴の形状の違いやショック吸収能力の違いによって足が靴に馴染まずに発症するものです。

もしふくらはぎの内側に痛みが現れた時には、痛みの場所、痛みが発生する前に行った運動を考えて適切な対処を行いましょう。シンスプリントが発症するとダラダラと症状が長引きやすく、鵞足炎の場合には強烈な痛みが現れます。どちらの場合にも運動を中止しなければならなくなるので初期の適切な対応で症状の悪化を押さえることが非常に重要です。

予防策は?

ふくらはぎの内側の痛みが起こらないようにするためには、ストレッチを運動の前後にきっちり行う事、そして運動後にはアイシングを行いクールダウンを行うことが有効です。特にいつもと違うコースや走り方をした時には必ずアイシングを行うようにしましょう。

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30

/

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ要害の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図