スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

足底腱膜炎の痛みの特徴

f:id:oosakatoyomedicine:20181215082932j:plain

足底腱膜炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

 足底腱膜炎は、ランナーさんやそれ以外のスポーツをしている方に発症する事がある疾患です。しかし、足の裏に痛みが出たら全て足底腱膜炎と診断されている事が多いのですが、足底腱膜炎以外の可能性も考えられます。

足底腱膜炎とは?

 何らかの原因によって足底腱膜が断裂・炎症を起こしてしまう疾患です。症状が現れる場所としては、足裏、土踏まず、踵に出てきます。初期の場合では動き出し数歩で痛みが治まる事が多いため、疲れたかな?ぐらいに思い放置されることがあります。しかし、そのままにしておくと痛みの時間が長時間になったり、痛みが強くなることがあります。悪化した時には、レントゲンで撮影すると骨棘が確認出来る場合もあります。

足底腱膜炎の特徴

 足底腱膜炎は足裏の痛みの代表的な疾患でもありますが、足底腱膜炎以外にも足裏に痛みを引き起こす疾患はあります。その為、正確に足底腱膜炎かどうかは判断する必要があります。

 足底腱膜炎の場合の特徴は、「動き出しの数歩に強い痛みを感じる」ことです。朝起きてからの動き出し、椅子に座ってから立ち上がっての動き出し、このような時に一番痛みが強く感じられます。しかし、歩いていけば早ければ数歩で痛みが治まります。この痛みの現れ方が足底腱膜炎の特徴ですので、足底に痛みが出た場合にはどのようなタイミングで痛みを強く感じるか?が非常に重要なポイントとなります。

 ただし、症状が悪化してくると歩き続けた時に痛みが出てくるようになったり、常に痛みが続くようになってしまうこともあります。痛みを感じた際には甘くみず、早期に治療を開始することをおすすめします。

足底腱膜炎治療は大阪の東洋医学の専門家にお任せください!

 足底腱膜炎治療後に『1回目から変化が分かる』と評判の野村式東洋医学治療。これまでに数多くの相談を受け、東洋医学的治療によって多くの足底腱膜炎の改善とともに、たくさんの笑顔を見てきた大阪の東洋医学の専門家に一度ご相談ください。

 足底腱膜炎治療に関する技術はもちろん、さまざまな身体の悩みを解決してきた経験から、健康な身体になれるようサポートします。足底腱膜炎の場合には、症状発生から治療開始までの期間が長いことが多くすぐに改善することはありません。痛みの軽減は初期から可能なことが多いですが、痛みがなくなるまでには3か月以上の治療が必要です。

 

足底腱膜炎は、足裏に存在する足底腱膜の断裂が起こり発症します。そしてこの断裂部は徐々に広がり、足底腱膜の強さを徐々に弱めてしまいます。足底腱膜炎の痛みが無くなるのは断裂する可能性のある弱い部分が全て断裂して修復されなくなった時と医学的に考えられています。

このような状況になると足底腱膜の強さが弱いため、足のアーチの維持ができなかったり、歩いたときの衝撃吸収能力低下、さらには歩行困難に陥る可能性もあります。

このような理由から、足底腱膜炎は発症してからできるだけ早く治療を開始すべき疾患です。医療機関によっては「様子をみましょう。」というようなところもあるようですが、様子を見る事ができるのは足裏に違和感を感じるレベルの極軽度の足底腱膜炎だけです。足裏に痛みが現れているような場合には一日でも早い治療開始を心がけましょう。

oosakatoyomedicine.hatenadiary.com

世界に認められた実力で症状・体質の改善をサポートします。

2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅は新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図