スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

ランナー膝治療|大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

ランナー膝治療TOP

ランナー膝治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

 『最近、走っているときに膝が痛いなあ』

『ランナー膝がなかなか改善しない…』

『変形性膝関節症と診断されたけど走りたい!』

そんな時はぜひ大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお越しください!

アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定受けた世界トップレベルの治療院です。 あなたの膝の状況に合わせて最良と考えられる治療法を選択します。プロの治療によってランナー膝の症状もすっきり解消!

『ランナー膝の痛みがなくなった!』

『運動しながらランナー膝の痛みが消えた』

と驚く患者さんもいらっしゃいます。

もし不安や心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。 できる限りご要望に応じて、症状の早期改善のために進めてまいります。

いっしょに快適で楽しいスポーツライフを取り戻しましょう。

 

ランナー膝治療に当院を選択する3大メリット

1.ランナー膝の状態がわかります。

 ランナー膝になってしまった原因やパターンをわかりやすく説明します。あなた自身のランナー膝のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

2.アフターフォローが充実

 ランナー膝が筋肉性・骨格・ランニングフォームの何に起因するのかによって当然対処法や日常のケアは異なります。当院では治療効果の維持とランナー膝の再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを提案いたします。

3・高度な治療技術を提供

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

 2015年7月

 国連機関WHF(WORLD HUMAN FACILITY COMMUNITY)から鍼灸スペシャリスト認定

oosakatoyomedicine.hatenadiary.com

変形性関節症

変形性関節症 変形性関節症とは、「病理学的に関節軟骨の変性、摩耗による荒廃と、軟骨および骨の新生と増殖、つまり摩耗相と増殖相の混在によって位置づけられる慢性、進行性の変性の関節疾患」と定義されています。簡単に言うと、関節にある軟骨が摩擦によ…

大腿後面の硬さ

大腿後面の硬さ 大腿部の後面の硬さと言われても、あまりパッとしない方の方が多いかとです。しかし、何気なくした前屈で膝の裏の硬さを実感することがあると思います。ですが、これが特に日常生活に影響を及ぼす事ないかな・・と思われている方がいますが、…

歩いていて膝がカクンとなる

歩いていて膝がカクンとなる 歩行いている時に、いきなり膝がカクンとなり力が抜けるような感覚になることがあります。この症状は変形性膝関節症が発症した時にもみられる所見で、それ以外の疾患の半月板損傷や前十字靭帯損傷、関節鼠等でも見られることがあ…

股関節外側の痛み

股関節外側の痛み 股関節(足の付け根)外側に痛みが出る場合にはいくつかの原因が考えられます。日常的な癖が影響している場合には、その癖の改善もしていただくことが治る為には必要です。 股関節外側に痛みを出す癖 ・踵の外側がすり減っている 靴の踵を…

膝が痛い方に確認して欲しい事

膝が痛い方に確認して欲しい事 何等かの外傷を受けたわけでも無いのに膝に痛みが出てしまうことがあります。 運動をされているとそのフォーム次第では、故障のリスクが高まります。今回は、膝が痛い方に確認していただきたい事をご紹介いたします。 膝が痛い…

膝に水が溜まった時

膝に水が溜まった時 膝関節に問題が起こった際に水が溜まってしまうことがあります。何らかの外力が加わった等の原因がはっきりとしているような場合には、直後に腫れが起こりすぐに水が溜まっていきます。しかし、何も思い当たることが無いぐらい小さなきっ…

内反小趾発症のままの運動は危険

内反小趾発症のままの運動は危険 「内反小趾」とは、足の小指が親指側に向けてくの字状に曲がっていたり、それによって痛みやタコ・魚の目等が出来ている状態を指します。足の小指の症状ですが、それが発症しているまま運動すると違う部分の痛みを引き起こし…

半月板損傷を起こしてしまったら要注意。

半月板損傷を起こしてしまったら要注意 半月板損傷は、比較的軽いきっかけで起こってしまう事があります。例えば、椅子から立ち上がる時や横座りからの立ち上がり等が挙げられます。程度にもよりますが、比較的強い痛みが現れるようになります。 半月板損傷…

半月板損傷は初期治療が重要

半月板損傷は初期治療が重要 ランナー膝治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 ランナー膝の要因ともなる半月板損傷。半月板損傷が起こった時には初期治療がかなり重要です。その理由は初期治療を適切に行わなければ後遺症を残す可能性…

特に原因がわからないけど膝が腫れてる

特に原因がわからないけど膝が腫れてる ランナー膝治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 ・膝を捻って捻挫をした記憶はない・・・ ・特別無理をして膝に強い負担をかけてもいない・・・ ・でも膝が腫れて痛む これは膝関節内にある半月…

ランナー膝を発症させやすい癖

ランナー膝を発症させやすい癖 ランナー膝とは、走っていると膝の外側に痛みが出てくる疾患に対して使われます。ランナー膝が発症するときには、走っている時に何らかの膝外側に負荷をかけるような癖が出ている可能性が高いです。今回は、ランナー膝を発症さ…

変形性膝関節症と診断されたけど運動をしたい!

変形性膝関節症と診断されたけど運動をしたい! 変形性膝関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せ下さい! 運動をしていて膝に痛みが現れたから医療機関を受診したら変形性膝関節症と診断をされ、運動を継続しようか止めようか迷って…

ランナー膝の方にチェックしていただきたい事

ランナー膝の方にチェックしていただきたい事 ランナー膝治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 ランナー膝の代表的な痛みの場所は膝の外側です。特に腸脛靭帯が炎症を起こし、痛みが発生している事があります。初期の症状としては、走…

暑い季節には〇〇の摂取が重要!?

暑くなってきたら〇〇の摂取が重要です 暑くなってくると汗を大量にかくことになります。その中で運動をすることによって、身体の中のあるバランスが崩れてしまいます。その結果、様々な症状が現れ故障に繋がりやすくなるリスクを高めてしまいます。 何の摂…

走っていると膝の外側に痛みが出る

走っていると膝の外側に痛みが出る スポーツをされている方の中に、走っていると膝の外側に痛みが出てくることがあります。この場合には、「腸脛靭帯炎」の可能性が高いと考えられます。別名「ランナー膝」と言われることもあります。ランナー膝と言われてい…

足の裏からの情報も大切です!

足の裏からの情報 スポーツ障害は腰から下にかけての足に様々な症状を引き起こしてしまう事があります。もちろん、痛みが出ている部位の問題を解消することが大切ですが、それと同時に何故その部位に問題が引き起こされたか?の根本的な問題を解消することが…

膝裏が痛む原因

膝裏の痛みの原因は? よく動いた時に膝裏に痛みが出てしまう事があります。これはランナーさんやサッカー等のよく動くスポーツにおいて発症することがありますが、それ以外にも日常生活の中でいつもよりよく歩いたなという時に膝裏に痛みが出てしまう方がお…

こんな事で半月板損傷が起こる?

何もしていないのに膝に腫れと痛み 特に何もしていないのに、いきなり膝に腫れと痛みが引き起こされてしまう事があります。何か思い当たる事がなくて症状が引き起こされてしまう事があります。この時に考えられる疾患として、半月板損傷があります。 こけた…

ランナー膝の方は今すぐチェック

ランナー膝の方のチェックポイント ランナーの方で膝を痛めている場合、特に膝の外側に痛みが出ているような場合には重心のかけ方やフォームに問題が見られることがあります。その為、治療と同時にフォーム等の痛みが出る原因に対して対処する必要があります…

半月板損傷の治療法

半月板損傷 膝関節は、非常に不安定な関節です。その不安定な関節を安定させているのが靱帯で、関節の適合性をあげるのが半月板です。 半月板は、内側半月板と外側半月板の2つがあります。損傷の頻度としては、内側半月板損傷のほうが多く発生しています。 …

ランナー膝にLSDトレーニングは有効?

ランナー膝にLSDトレーニングは有効? LSDトレーニングとは、ロング・スロー・ディスタンス(Long Slow Distance)の頭文字をとったもので、長い時間をかけてゆっくりと長距離走るトレーニング方法です。 心拍数をあげずに走ることで心肺機能や持久力を向…

膝蓋軟骨軟化症の症状

膝蓋軟骨軟化症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 膝蓋軟骨軟化症は、20代前後の女性に多く発症する疾患です。スポーツをされている方であれば、走っている時のフォームで膝が内側に捻られるような場合に発症しやすくなると考えられます。 …

鵞足炎って?

鵞足炎は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 鵞足炎は、膝の内側の代表的な痛みです。膝の内側には3本の腱が付着する場所があり、「鵞足」と呼ばれています。その部分に炎症が起こる事によって引き起こされる痛みがが「鵞足炎」です。特にランナーの…

ランナー膝のトリガーポイント療法

ランナー膝のトリガーポイント療法 トリガーポイント療法とは? トリガーポイントとは、筋肉の中に作られた筋肉の硬くなっている部分をいいます。この硬くなっているポイントでは、筋肉が伸縮する事が出来ない状態となっています。これを改善する事によって…

重心位置を見直すことで長期間続いたランナー膝の改善を!

重心位置を見直してランナー膝の改善を! 正常な重心の位置は足首よりも前に重心があり、親指の付け根(母趾球)の部分と小指の付け根(小趾球)の部分、そして踵に体重が掛かるのが正常です。 割合としては、母趾球部分に40%、小趾球部分に30%、踵に…

オスグッド病

オスグッド病の治療を行う大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。オバマ大統領からGOLD AWARD、国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定。世界に認められたオスグッド病治療で症状の改善をサポートします。膝の成長痛の治療はお任せください。

鵞足炎による痛みを軽減し早期の運動復帰を!

鵞足炎は強い痛みが現れ膝のスポーツ障害で認められることが多い疾患です。炎症が強いときには普通に歩くだけでも痛みがあり日常生活の多くの動作がセ減されます。鵞足炎を早期に改善したい方、鍼灸治療をお勧めします。

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)

ジャンパー膝の治療を行う大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。オバマ大統領からGOLD AWARD、国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定。世界に認められたジャンパー膝治療で症状の改善をサポートします。ジャンパー膝の治療はお任せください。

膝蓋軟骨軟化症の適切な対策で早期改善を目指そう!

膝蓋軟骨軟化症の治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 膝蓋軟骨軟化症は20代の若い女性に発症する事が多く、走行中に膝が極端に内に入り込むような走り方をする事で走行時に膝関節が過剰に内側にひねられ(内旋)るようになります。 このよう…

腸脛靭帯炎ってどんな状態?

腸脛靭帯炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 腸脛靭帯炎の原因はオーバーワークといわれることが多いですが、これは一般論であり間違った知識です。もしこれが正しいのであれば、腸脛靭帯炎を発症した方以上の距離を走っているランナーが発生…