スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

足底腱膜炎の治療|大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

足底筋膜炎治療TOP

足底腱膜炎治療

足底腱膜炎チェックリスト

・朝起きて一歩目の激痛

・しばらく座った後に立ち上がった時の痛み

これは足底腱膜炎に認められる代表的な症状です。

この痛みが恐怖となり朝起きた時に、ゆっくりと恐る恐る足をつくけどやはり痛みは痛みが起こります。そして徐

々に痛みは強くなる。これが足底腱膜炎の特徴です。

足底腱膜炎を字から考えると、足底腱膜に炎症を起こす疾患とすぐにわかります。ですが足底腱膜炎がなぜ炎症を起こしているのかが重要です。実は炎症が起こる理由は、足裏にある足底腱膜が断裂により炎症を起こしているのです。

足底腱膜炎の痛みを箇条書きすると

  • 足底腱膜に断裂が起こる
  • 修復するために炎症が起こる
  • 足に体重が乗っていない時に断裂した足底腱膜がつながる
  • 体重が乗った時に再び断裂する
  • 全て断裂したら痛みが無くなる

このような流れで足底腱膜炎の痛みが現れます。特に寝た後の朝は体重が加わらない時間が長いために、より広い範囲で修復されているため痛みが強まります。それでも朝の数歩~数十歩程度で全て断裂し痛みは落ち着きます。ですが歩き過ぎると、足底腱膜がさらに新たな部分が断裂が起こり痛みを感じるようになります。

人間の持つ自然治癒力が痛みを引き起こす辛い疾患が足底腱膜炎なのです。

足底腱膜炎は進行する疾患

足裏の痛み足底腱膜炎は断裂と修復を繰り返しながら進行する疾患です。

発症初期には、朝起きた時の一歩目で足裏にだるさや違和感を感じる程度だったのが、徐々に痛みが増し、最終的には足に体重を乗せる事に恐怖を感じるレベルまで強まります。

さらに踵骨(かかとの骨)に、骨棘(こつきょく:とげ)が形成され痛みが軽減しない状況に進行する事もあります。骨棘が形成される理由は炎症にあります。

炎症は壊れた組織を修復するために起こる自然治癒力です。病理学的に炎症が起こる事によって血液循環が良くなり、組織を修復するための材料が運ばれます。そして修復が終わると炎症が治まります。足底腱膜炎のように炎症が慢性的に経過する場合には、足底腱膜を修復するための材料が継続的に運ばれ続ける事になります。

例えば肉離れが起こった時には、内出血によって大きく腫れが起こります。この腫れを適切に対処しなければ、内出血の中に骨が形成されることがあります。足底腱膜炎によって骨棘が形成されるのもこれと同様の機序です。

このように足底腱膜炎は進行性の病気です。朝起きた時に足の裏に痛みを感じたら早期の治療開始を心がけましょう。 

 

足底腱膜炎になる原因は?

足の裏 足裏には内側縦アーチと外側縦アーチ、横アーチの3つのアーチがあります。このアーチに変化が変化が起こると足底腱膜に加わる負担が強まります。このような形状の変化にその他の力が加わることによって足底腱膜炎が発症すると考えられています。

●足の使い過ぎ

ジョギングやジャンプなど飛び跳ねるスポーツは、着地した際に足底腱膜に何度も負担が加わります。通常であれば、これらの衝撃を足底腱膜が吸収しますが、アーチ構造の変化によって負担(ショック)を吸収しきれない時には足底腱膜が断裂すると考えられています。 

●筋力低下

 日常の運動量が少ない場合には足底筋の筋力が低下します。足底筋は足の縦アーチを形成する要素であり、筋力低下によってアーチ構造に変化が現れます。さらに後脛骨筋の筋力も低下すると足底筋がアーチを維持する事ができなくなるため足底腱膜の断裂が加速します。

●重心位置異常

アーチ構造の変化により身体のバランスが崩れ、立っている時の重心が小指側や踵側に移りやすくなります。小指側は、骨の太さで考えても体重を支える力は弱く足底筋に加わる負担はかなり強くなります。これは足底腱膜炎の発症要因というよりは悪化する速度を加速する要素となります。

 ●急激な体重増加

 体重が増えてしまうと足底腱膜にかかる負担は強まります。その為、急激に体重が増加した場合、通常の歩行でも足底筋膜炎を起こす可能性があります。一般に3か月に5KG以上体重が増加した場合には注意が必要です。

●靴の問題

 靴には足の指の付け根辺りに曲がりやすい位置があります。曲がりやすい位置に足の指の関節がくれば良いのですが、ずれて違う位置、特に足の土踏まず側に靴の曲がる位置がきた場合には、歩くたびに足底腱膜を引きちぎるような力を加える事になります。

 長期間にわたり靴底が硬い靴やヒールを履いて歩く事は足底腱膜に強い負荷がかかります。逆に、柔らかすぎる靴も足のアーチが沈み込むことになり硬い靴同様に負担がかかります。

 

足底腱膜炎治療

当院で行っている足底腱膜炎治療は、鍼灸治療・骨格矯正・テーピング治療です。

通常の足底腱膜炎の場合には、足根骨矯正で骨格のバランス矯正を行った後、テーピングと運動療法による筋力強化を行います。テーピングは足底腱膜炎の痛みを改善する目的と重心位置矯正にあります。

足根骨

 足底筋膜炎で痛みがあるのは足の裏の一部であっても、12個の骨の配列をチェックし足首から足の指までの骨の配列を正常位置に矯正する必要があります。

 足根骨という7つの骨(距骨・踵骨・舟状骨・立方骨・内側楔状骨・中間楔状骨・外側楔状骨)と中足骨(足の指の付け根の骨)の配列異常が大きな問題になります。

足底筋膜炎治療に当院を選ぶメリット

 足底筋膜炎治療の流れ

【足底筋膜炎治療の流れ】
「足底筋膜炎治療ってどんな事をするんだろ?」
「どんな手順でするんだろ?」って不安ですよね。
初めて足底筋膜炎治療をお受けになる前に、安心して足底筋膜炎治療が受けられるように基本的な流れを記載します。

 

1.カウンセリング表(問診票)に現在の状況を記入
問診票には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。正確な情報をいただければ、その分状況把握が正確にできるため改善までの期間は縮まります。

 

2.カウンセリング
足底筋膜炎についてのカウンセリングを行います。
朝起きた時に痛みはありますか?
長時間歩くことはできますか?
いつから足底腱膜炎の症状がありますか?
足底筋膜炎に対して何か対策はしていますか?
カウンセリングによって得られた情報によってこれからの治療計画を立てます。


3.
足底筋膜炎のチェック

足裏のタコ

 足底筋膜炎部分の足の周径や指の動き、形状、重心位置などのチェックを行います。これにより足底筋膜炎が起こった原因を特定します。

 

4.足根骨矯正
 足根骨矯正など”矯正”という言葉がつくと”痛い”というイメージがありますが、当院が行っている足根骨矯正はソフトな矯正法で痛みはありません。ご安心ください。矯正が怖かった方でも安心して治療を受けることができます。

 

5.矯正後に足底腱膜炎テーピングを行います。 
 足底筋膜炎の骨格矯正を行った後に、骨のバランスを維持する為と弱った筋肉に対しての補助を目的にテーピングを行います。

※皮膚が弱くテーピングでかぶれやすい方はご申告ください。

 

6.足底筋膜炎治療後の説明とアドバイス
 足底筋膜炎治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣、エクササイズ等のアドバイスをいたします。足底腱膜炎は重心位置や筋力強化が必要な疾患であるため、セルフケアがわかりにくかった場合にはご質問ください。

 

足底筋膜炎治療料金

治療料金 重心位置矯正療法       片足 3300円
     重心位置矯正療法+鍼灸治療  片足 4400円

※初診時には初診料が別途2200円必要です。
※院長希望の方は別途1100円必要です。ご希望の場合には、ご予約の際お申し出ください。
※両足の治療は重心位置矯正と鍼灸治療を合わせて5500円です。

 

足底腱膜炎改善のための動画集

足底腱膜炎の対処法

足底腱膜炎でしてはいけない対処法

足底腱膜炎のグーパー運動

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に足底腱膜炎の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30

/

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

朝、踵が痛い

朝、踵が痛い 朝起きたて歩こうと歩き出した時、踵に痛みを感じて歩くのが苦痛になることがあります。ですが、しばらく動いたらいつの間にか踵の痛みが消えている・・・こんな症状が出ている場合には、「足底腱膜炎」の可能性が考えられます。 足底腱膜炎 足…

その踵の痛み、疲れが原因ではないかも?

その踵の痛み、疲れが原因ではないかも? 踵に痛みが出る疾患があります。しかし、歩き疲れたせいかな?何か知らない内に疲労がたまったのかな?と流されてしまう事があります。確かに歩き疲れた時などに踵に痛みが一時的に現れることはあります。ですが、も…

靴の踵、外側からすり減る方

靴の踵、外側からすり減る方 靴には、無意識で行っている様々な癖がついていることがあります。今回は、その中でも靴の踵の外側から減っている癖をご紹介いたします。 靴の踵、外側からすり減る方 本来重心がかかっている位置は、足関節より前方の部分でどち…

土踏まずの痛み

土踏まずの痛み 土踏まずは、足底の内側のアーチ状になっている部分を指します。この部分に痛みが出た場合に考えられる疾患はいくつかありますが、代表的な例は足底腱膜炎です。 足底腱膜炎とは 足底腱膜は踵から指にかけて存在しており、この部分に硬さが出…

走り始めに踵が痛い原因

走り始めに踵が痛い原因 走り始めに踵の痛みを出す疾患があります。ある一定まで走ると大丈夫になりますが、そのまま走り続けているとだんだんと痛みが強くなってしまいます。この時に考えられる事は、「足底腱膜炎」です。 足底腱膜炎とは 足底腱膜炎とは、…

インソールは使った方が良い?

インソールは使った方が良い? インソールの使用について悩まれている事があります。特に、外反母趾や内反小趾、足底腱膜炎といった足に症状が出ている方や、周りでそのような症状が出ている方がおられる為予防として検討されている方がおられます。 インソ…

内くるぶしの後ろの痛み

内くるぶし後ろの痛み 内くるぶしとアキレス腱の間に痛みが出てくることがあります。場合によっては、内くるぶしとアキレス腱の間を中心に、内くるぶしの下や上にも痛みが出てくることもあります。捻挫等の外傷が無い場合に考えられる原因は、後脛骨筋の筋肉…

足底腱膜炎の特徴的な症状

足底腱膜炎の特徴的な症状 足底腱膜炎治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 足の裏が痛い! このような症状で医療機関を受診すると足底腱膜炎と診断されることが多くあります。 ですが、実はこれは正確ではないことも少なくないのです…

足底腱膜炎のための足裏マッサージ

足底腱膜炎のための足裏マッサージ 足底腱膜炎治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 足底腱膜炎の対処法としてマッサージを行われている方がいらっしゃます。もし本当に足底腱膜炎である場合には、マッサージを行うことは非常にリスク…

滑液包炎について

滑液包炎 滑液包は身体にいくつもあり、その部分で炎症が起こることを「滑液包炎」と呼んでいます。スポーツをされている方にも多く発症するため、しっかりとしたケアをしておくことが大切です。 滑液包炎とは 滑液包とは、筋肉や腱・骨・靭帯等の組織などに…

偏平足について

偏平足 「自分は偏平足かな」と気にされて事はありませんか?特に、足元に何か症状が引き起こされている場合には余計に気になっていしまうことがあると思います。ですが、見た目状の判断だけでは偏平足かどうか分からない事もあります。 偏平足とは 足には3…

「開帳足」ご存知ですか?

「開帳足」ご存知ですか? 足の重心位置は、身体を支えるためには重要なポイントとなります。重心位置が乱れることによって、身体に様々な影響を及ぼします。そして、重心位置異常が起こった際にみられる足の問題として「開帳足」があります。 開帳足とは? …

もしかして足底腱膜炎ではない?

足底腱膜炎じゃない?! 足底に痛みを引き起こす代表的な疾患は「足底腱膜炎」です。字の通り足底の腱に炎症が起こってしまう疾患で、足の裏に痛みが起こります。しかし、足底腱膜炎以外にも足の裏に痛みが引き起こされる疾患はあります。足の裏の痛み=足底…

足底腱膜炎になってしまったら

足底腱膜炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター ランナーの方やジャンプを繰り返すようなスポーツの方に発症しやすくなる「足底腱膜炎」。足の裏の痛みは、どうしてもしつこく慢性化しやすいことが多いです。理由は、日常生活で絶対に歩くからで…

ふくらはぎの内側が痛い!

ふくらはぎの内側が痛い 走っているとふくらはぎの内側に痛みが現れることがあります。多くの場合で痛みの前に筋肉のツッパリ感を感じます。そして徐々に症状が悪化して痛みに変わる事がほとんどです。この時に痛みが内くるぶしの上からふくらはぎ中央付近ま…

足底腱膜炎のケア方法にご注意!

足底腱膜炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター スポーツをされている方に発症することがある足底腱膜炎。足裏の痛みが起こるとスポーツはもちろんの事、日常生活にも支障がきたします。少しでも早く治す為にはご自身でのケアも重要です。しかし…

足底腱膜炎の治療|インソールにはリスクがある!?

足底腱膜炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター oosakatoyomedicine.hatenadiary.com 足底腱膜炎を改善するためにインソールを検討されている方もいらっしゃると思います。足底腱膜炎のインソールは長期目線で考えればリスクの高い治療法です。…

足底腱膜炎の痛みの特徴

足底腱膜炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 足底腱膜炎は、ランナーさんやそれ以外のスポーツをしている方に発症する事がある疾患です。しかし、足の裏に痛みが出たら全て足底腱膜炎と診断されている事が多いのですが、足底腱膜炎以外の可能…

足底腱膜炎の治療:大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

足底腱膜炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター ・朝起きて足の裏に体重が加わる一歩目が痛い。 ・足裏の痛みで長時間歩く事ができない。 そんな時はぜひ大阪の東洋医学治療センターにお越しください! 国家資格を持ったプロのスタッフが対応し…

足底腱膜炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

足底腱膜炎治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 足底腱膜炎は足の裏の違和感から始まり、徐々に痛みが強まり、朝起きたて立ち上がった一歩目の激痛、しばらく足に体重が加わらない時間後に体重が加わった時にも激痛と徐々に進行する疾…