スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

アキレス腱炎|大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

アキレス腱炎TOP

アキレス腱炎治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

アキレス腱

 アキレス腱は人体で最大の腱です。アキレス腱は腓腹筋とヒラメ筋が合体したもので踵骨(かかとの骨)の後方突起に付着します。

 アキレス腱炎とは、アキレス腱が微細な部分断裂によって炎症を起こした状態を言います。主な症状はアキレス腱が踵骨に付着する部分から上方2~6cmにかけての圧痛や腫脹があります。歩いたり運動をする際にも、ふくらはぎの運動に伴って痛みが現れます。

 アキレス腱炎の原因

ジャンプによるアキレス腱炎

 ジャンプや走行で足首の動きが何度も繰り返されアキレス腱に何度も力が繰り返されることによって発症します。1回の運動で使う頻度が多いスポーツ(例:長距離ランナー)や力強い収縮が必要なジャンプをするスポーツ(例:バスケットやバレーボール)、急な方向転換を要求されるスポーツ(例:テニスやサッカー)などで発症することが多くあります。

 下腿三頭筋の使い過ぎによってアキレス腱の微小断裂が繰り返し起こります。そうするとアキレス腱は弱くなりますが、運動強度は継続、または実力アップによって運動強度も強まる事で断裂している部分が広がりアキレス腱炎が発症します。

 アキレス腱炎が発症し適切な対処がなされなかった場合には、使いすぎた時や力が加わりすぎた時に再びアキレス腱炎が発症することが多く、慢性型アキレス腱炎と呼ばれます。アキレス腱炎を放置したまま、運動を続けると最悪の場合運動ができなくなってしまう可能性があります。そのような事態を避けるため、できるだけ早く治療を開始しましょう。 

 

アキレス腱炎になりやすい要因

・下腿、足部のアライメント異常

・アキレス腱の柔軟性不足

・ウォーミングアップ不足

・足関節可動域制限

・O脚

 

治療料金

  鍼灸治療      3240円~4320円

※初診時には初診料が別途2160円必要です。

※状態によってはテーピング療法を行います。

※担当制で治療しています。担当希望がありましたらお電話の際にお伝えください。院長の指名は別途1080円必要です。

 

ふくらはぎの内側が痛い!

ふくらはぎの内側が痛い 走っているとふくらはぎの内側に痛みが現れることがあります。多くの場合で痛みの前に筋肉のツッパリ感を感じます。そして徐々に症状が悪化して痛みに変わる事がほとんどです。この時に痛みが内くるぶしの上からふくらはぎ中央付近ま…

後脛骨筋機能不全症(PTTD)

後脛骨筋機能不全症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 内くるぶしや足裏に痛みがあり病院に行ってレントゲンを撮っても異常なし。シンスプリントや足底腱膜炎でもない場合には、後脛骨筋腱機能不全症の可能性があります。 後脛骨筋腱機能不全…