スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

スポーツ障害-セルフケア

良い姿勢、間違ってませんか?

良い姿勢、間違ってませんか? スポーツ障害とあまり関係ないように思われる日頃の姿勢ですが、実は影響してしまう事があります。日常生活で悪い姿勢でいることが多いと、どうしても余計な負荷が色々な場所にかかってしまう事があります。例えば、反り腰にな…

負担がかかるような動きをしていない?

負担がかかるような動きをしていない? スポーツ障害や腰痛・肩こり・坐骨神経痛等の症状が引き起こされている方のお話を聞いていると、「日常生活では負担がかかるような動きは特にない」と仰る事があります。ですので、痛みが出た原因が分からない・・・と…

太もも裏に張りが出来る

太もも裏に張りが出来る 走っている時に太もも裏に張りを感じる方がおられます。ストレッチ不足等の問題も可能性として挙げられますが、フォームによる問題も考えられます。 太もも裏の張りが出やすいフォーム 太もも裏に張りが出る場合の多くが、踵に重心が…

トレーニングをするときの注意点

トレーニングをするときの注意 スポーツ障害や腰痛等の日常生活での痛みが引き起こされた時、筋肉をつけることによって対策をしようとされることがあります。確かに筋力不足によって痛みが起こることは無いとは言い切れませんので、筋トレ等で筋肉を鍛えるこ…

サポーターは必要?

サポーターは必要? 何らかの症状が出た際に、市販のサポーター等をセルフケアとして使用されることがあります。また、治療をしている際に「サポーターとかはして良いのですか?」と聞かれることがあります。 サポーターは必要? 結論として、痛みが出ている…

血流循環を良くするためには

血流循環を良くするためには スポーツ障害に限らず腰痛や肩こりといった日常的な症状に対しても、血液循環は影響しています。血液循環が滞ってしまうと筋肉に栄養が運ばれなくなるため、筋肉の状況が悪くなります。そうなると老廃物が溜まってだるさや痛みが…

軽く体を動かした方が治りが早い?

軽く体を動かした方が治りが早い? 身体に痛みが発生して時、ストレッチや軽く動かした方が治りが早くなると言われています。ですので、何等かの症状が現れた際にはストレッチをしたりとされていますが、中には要注意なケースもあります。 軽く体を動かした…

何もしなくても痛みがある

何もしなくても痛みがある 腰や膝、肩など身体のあらゆる部分において、何もしなくても痛みが発生してしまうことがあります。 何もしなくても痛みが起こる原因 痛みが発生した時に明確にきっかけが分かる事があります。例えば、転んだ・ぶつけた・捻ったなど…

休んだ後は一時的に痛くなる可能性

休んだ後は一時的に痛くなる可能性 スポーツ障害や何らかの問題によって痛みが発生すると、症状が治まるまで患部を動かさないようにされることがあります。スポーツをされている場合には、休止して症状の早期改善を目指します。しかし、困っていた症状が落ち…

むくみによって起こる痛み

むくみによって起こる痛み むくみはご自身とは無縁と思われている方もおられるのではないでしょうか?実際、足の状況を確認してお伺いしても、「むくみを実感したことがない」とおっしゃられることもあります。しかし、むくみがあると痛みを引き起こしてしま…

足の小指の外側にタコが出来る

足の小指の外側にタコが出来る 足の小指の外側の靴と接触する部分にタコが出来てしまうことがあります。本来であれば、そのような場所にタコが出来ることはないのですが、重心位置異常が起こったりすると小指の外側などの思わぬ部分にタコが出来てしまうこと…

ストレッチは全体的に行う

ストレッチは全体的に行う どこか悪くなった時や痛みが出てしまった時、ストレッチをお伝えすることがあります。また、「ここが痛いからどこのストレッチをしたら良い?」と聞かれることもあります。ストレッチをしていただくことはとても重要ですので良いの…

痛い部分をマッサージ

痛い部分をマッサージ セルフケアの一つにマッサージがあります。もちろん悪い事とは言いませんが、痛みが出ている時には方法に注意しなければいけません。 痛い部分をマッサージ 痛みが出ているとその部分をマッサージしていたとおっしゃることがあります。…

温める方法にご注意

温める方法にご注意 温めることが良いとなった場合に思いつく方法は何がありますか?よく挙がる方法が、カイロで温める・お風呂に浸かる・保温する・動く等の方法だと思います。しかし、温める時にも注意点がいくつかあります。 温める方法にご注意 温めるこ…

膝裏が痛くなる時

膝裏が痛くなる時 膝裏にだるい・重たいような鈍痛を感じる時に考えられることは、膝関節の腫れがあったり・むくみが挙げられます。 膝裏が痛くなる時 膝関節は前面に膝蓋骨がある為、腫れが起こった時には前に余分なリンパ等の水分が逃げることが出来ません…

肩の痛みは五十肩だけではありません

肩の痛みは五十肩だけではありません 肩の痛みが現れると、「年齢的に五十肩・四十肩かな」と思われることがあります。しかし、突然現れる肩の痛みは五十肩や四十肩だけではなく、しっかりと疾患名が付くものも中にはあります。 肩の痛みは五十肩だけではあ…

時間差で痛くなることも

時間差で痛くなることも 何気ない動作によって瞬間的に「痛めたかも?」と思われることがあると思います。しかし、その時は大丈夫だったのにその後痛いが強くなってきた・・なんて経験をされたことはありませんか?ぎっくり腰等の場合には、時間差で痛みが出…

軽い靴=良い靴ではありません。

軽い靴=良い靴ではありません。 靴を選ぶ時の一つの基準として、軽い靴を選ばれることがあります。軽いから疲れにくい等といった感想をお持ちの方もおられるのですが、何故軽くなっているかを考慮する必要があります。そして、場合によっては足にとってリス…

日常での姿勢も影響します

日常での姿勢も影響します スポーツ障害の場合、第一にフォームの問題やストレッチ不足等のスポーツ時の問題が挙げられます。それらの問題はもちろん解消する必要があるのですが、それ以外にも日常生活の姿勢などの問題を影響している事があります。 日常で…

野球肩のトレーニング

野球肩のトレーニング 野球肩の改善には、後々トレーニングが必要となることがあります。しかし、闇雲にトレーニングをしたら良いというわけではなく、極端なトレーニングによってバランスを崩したり硬さを作ってしまうことで肩を痛めてしまうリスクもありま…

トレーニングで胸郭出口症候群に!?

トレーニングで胸郭出口症候群に!? トレーニングをおこなって健康的な身体を作ろうとされた結果、胸郭出口症候群が発症してしまうことがあります。特に姿勢に関してのトレーニングで胸筋が鍛えられたり、首周辺を鍛えることによってリスクが高まります。 …

再発防止には継続が必要

再発防止には継続が必要 再発を防止するためには、様々な見直しが必要となります。例えば、癖の問題。野球肩で言えば投球動作の際に肘が下がってしまい問題が起こりやすくなったり、ランナー膝の方であれば重心バランスを崩したまま走ることで痛みが出やすい…

運動中に痛みが出た時

運動中に痛みが出た時 捻挫や肉離れまでいかずとも、運動中に様々な痛いが発生することはあります。野球肩やテニス肘、ゴルフ肘、ランナー膝等、きりがない程沢山の障害があります。すぐに治療が出来れば良いのですが、そういう訳にもいきません。また、ご本…

ストレッチ、どのくらいしたら良い?

ストレッチ、どのくらいしたら良い? スポーツ障害やそれ以外にも肩こりや腰痛など、様々な治療を行っている中で普段はストレッチを行ってもらうことがあります。また、治療を終了した後も再発防止などの対策をする為にもストレッチは非常に重要です。その中…

テニスボールを使ってのマッサージにご注意

テニスボールを使ってのマッサージにご注意 最近、痛い所に対してテニスボールやゴルフボールを使ってマッサージをするようなケアをされている事が多いです。ご自身の手を使わなくて済むので楽というメリットもありますし、例えば力が入れにくいような場所に…

膝が伸びていない?

膝が伸びていない? 外傷などなく膝関節の痛いや違和感が起こった時に、膝が伸びていなくて軽度に曲がった状態であることが問題となっていることがあります。 膝が伸びていない? 本来であれば歩く動作に応じて膝関節が伸びたり曲がったりを繰り返してくれて…

日常生活の癖も影響します

日常生活の癖も影響します スポーツ障害になる時には、もちろん運動中の問題が影響していることが多いです。しかし、日常生活の癖や動作によって作られている負担によっても更に発症のリスクを高めてしまうことが考えられます。 日常生活の癖がスポーツ障害…

湿布で対処・・・実は

湿布で対処・・・実は スポーツ障害やそれに限らずとも痛みなどが発生した時に、まず第一に湿布を使用されることがあります。確かに一家に一枚は置いている可能性のある湿布ですが、痛みなどの症状をすぐになくしてくれる代物ではありません。 湿布で対処・…

アキレス腱の痛みは意外なことから起こることも

アキレス腱の痛みは意外なことから起こる事も アキレス腱炎が起こった時、腱の付着部分の上2~6cmにかけて痛みや腫れ、熱感、発赤などの症状が引き起こされます。アキレス腱の微小断裂からのものや、アキレス腱の周辺の組織が炎症を起こしたことによって…

上腕骨外側上顆炎

上腕骨外側上顆炎 上腕骨外側上顆炎とは、いわゆるテニス肘です。このように簡単な名称が付くぐらいに多い頻度で発症する疾患です。特徴は、肘の外側の痛みが起こることです 上腕骨外側上顆炎とは? 上腕骨外側上顆とは、肘の外側にあるでっぱりをさしていま…