スポーツ障害を改善して楽しいスポーツライフを!

スポーツ障害治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。鍼灸治療・整体療法でスポーツ障害の早期改善をサポートいたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

スポーツ障害

スポーツ障害の治療 スポーツ障害とスポーツ外傷は異なり、スポーツ外傷はいわゆるけがをした状態、スポーツ障害は継続的に負担が加わり続けることによって痛みや運動制限が現れた状態です。 スポーツ障害はフォームの異常や過度な負荷がかかることによって…

良い姿勢、間違ってませんか?

良い姿勢、間違ってませんか? スポーツ障害とあまり関係ないように思われる日頃の姿勢ですが、実は影響してしまう事があります。日常生活で悪い姿勢でいることが多いと、どうしても余計な負荷が色々な場所にかかってしまう事があります。例えば、反り腰にな…

負担がかかるような動きをしていない?

負担がかかるような動きをしていない? スポーツ障害や腰痛・肩こり・坐骨神経痛等の症状が引き起こされている方のお話を聞いていると、「日常生活では負担がかかるような動きは特にない」と仰る事があります。ですので、痛みが出た原因が分からない・・・と…

太もも裏に張りが出来る

太もも裏に張りが出来る 走っている時に太もも裏に張りを感じる方がおられます。ストレッチ不足等の問題も可能性として挙げられますが、フォームによる問題も考えられます。 太もも裏の張りが出やすいフォーム 太もも裏に張りが出る場合の多くが、踵に重心が…

トレーニングをするときの注意点

トレーニングをするときの注意 スポーツ障害や腰痛等の日常生活での痛みが引き起こされた時、筋肉をつけることによって対策をしようとされることがあります。確かに筋力不足によって痛みが起こることは無いとは言い切れませんので、筋トレ等で筋肉を鍛えるこ…

サポーターは必要?

サポーターは必要? 何らかの症状が出た際に、市販のサポーター等をセルフケアとして使用されることがあります。また、治療をしている際に「サポーターとかはして良いのですか?」と聞かれることがあります。 サポーターは必要? 結論として、痛みが出ている…

休んでも痛みが治らない

休んでも痛みが治らない スポーツ障害を引き起こした際に、「休んで様子を見たけど治らなかった」という方がおられます。野球肩であれ、ランナー膝であれ、休んでも症状が変わらなかった為治療を考えられるきっかけになる事もあります。 休んでも痛みが治ら…

血流循環を良くするためには

血流循環を良くするためには スポーツ障害に限らず腰痛や肩こりといった日常的な症状に対しても、血液循環は影響しています。血液循環が滞ってしまうと筋肉に栄養が運ばれなくなるため、筋肉の状況が悪くなります。そうなると老廃物が溜まってだるさや痛みが…